トップ

歯科で歯を白くするには

歯科に関連する知識

麻酔

歯科のホワイトニングについて

歯科におけるホワイトニングとは、歯みがきなどでは落とす事が困難な歯の着色汚れを取り除き、歯を白くする事です。ホワイトニングには大きく分けると2つのタイプがあります。1つは自宅で行うタイプで、医師の指導のもと歯型のマウスピースに専用のジェルを流し込んだ物を装着し徐々に歯を白くしていきます。もう1つは歯科医院で行うタイプで、歯に薬剤を塗布し、光やレーザーをあてて歯を白くしていきます。近年では技術が進歩していて、歯の明るさや色合いも調節できるようになっていて、自分に合った白さを実現する事ができるようになっています。

歯を白くするホワイトニング

歯を白くするホワイトニングは、歯科医院で行うことができます。現在の歯の色を確認した上で、より白く、より明るい色にするための治療が行われます。歯茎を保護してから、歯を白くする専用の薬剤を塗布し、特殊な光を当てていきます。何度も来院するのが難しい患者さんには、マウスピースを作成して、自分で薬剤を使って歯を白くする方法もあります。濃度が薄いので、歯が白くなったと実感するまでに少し時間がかかることがありますが、確実な効果を得ることができます。どちらの方法も、相談することで歯科治療内容を選ぶことができます。

↑PAGE TOP